ペット先進国ドイツの動物保護事情

ペットの先進国でもあるドイツでは、民間が運営する保護施設「ティアハイム」があります。
ドイツ全土に500カ所以上ある施設の3ヵ所に訪問してきました。


すべての施設は、事前予約が必要にあり閉鎖的なイメージを受けました。
施設内は見ることは出来ませんでしたがスタッフに話を聞いたところ、訪問した施設ではが多く、家族旅行で家を空ける際に路上に放置や、金銭面的に飼えない、虐待での保護があるようです。

施設のスタッフに多くを聞くことは出来ませんでしたが、一部の施設では獣医師と連携して
猫に関しては避妊去勢をしてから 引渡しを実施しているようでした。その他、自身の犬・猫を何かしらの理由で飼えなくなり施設へ預けようとすると 費用が掛かるために、「拾って保護した」と理由を付けて持ってくる飼い主が多くいるように感じていると話して いました。
その他、フードや缶詰などの寄付を集めるBOX設置やカード決済での募金システムがありました。


施設により、閉鎖的な感じがあり内部に関してクリアなイメージではありませんでした。
一部の施設では、1週間で3頭ほど決まっていくようですがそれ以上に保護されてくる犬・猫が多いようです。 ドイツ(ヨーロッパ)は多くのペットショップで生体販売がされておらず、ブリーダーから譲り受けるとされていますが、これだけの犬・猫が保護・譲渡されている現状を考えると何処からこの子達はやってくるのだろうと 深く考えさせられました。